2018年1月13日土曜日

自分の中に汚いものがあるから綺麗なものがわかる

菜根譚の中にこんな言葉があります。

潔(けつ)は常に汚(お)より出(い)で、明は毎(つね)に晦(かい)より生ずる

清潔なものは常に汚い物から出てくるし、明るいものは常に暗い物から生ずるという意味です。

世の中の格言やすばらしい至言は何か高潔で崇高な概念から生まれているように見えますが、そんなはずはないですよね。その言葉を生み出した人がそれに気づいたのは自分の中の汚いものがあったからこそ、その綺麗なことに気づけたと思います。なぜなら、汚いと言う概念は綺麗という概念があるからこそ成立するからです。なので、自分という中に汚いものがあるから綺麗なものがわかるし、暗いものがあるから明るいものがわかるのでしょう。つまり、自分の中に汚いもの、暗いものがあっていいわけです。それがないと世の中の綺麗なもの明るいものに気づけないでしょうから。

2018年1月6日土曜日

難しいからこそ何十年もかけてやる価値がある

将棋で29連勝を達成した藤井聡太四段。30連勝にならなかった時に藤井四段の師匠、杉本昌隆七段がこんなことを言っておられました。

「毎回いい将棋が指せて勝っていけたらこんな簡単な世界はない。難しいからこそ何十年もかけてやる価値がある」

これは負け惜しみでも弁解でもなんでもなく、物事の真理であると思います。そんなに毎回勝ってしまえるなら、それは長く続かずに途中でやめてしまうことになる。僕も日々の臨床で連戦連勝なんてことはありません。本当は治療の成功率を100%にしたいです。当院に来てくれた人は全員楽になってもらいたい。でもそれができなくてへこむ時があります。そんな時にこの言葉はまた次の治療に臨む時に力をくれる言葉です。