2017年11月25日土曜日

目の前の人がいい人になるか悪い人になるかは自分次第

人は他人(自分も含めて)に対して何らかの評価をします。その評価を下しているのは当然自分であり、その人をどういう視点で見ていくかも自分で決めている。目の前の人がどうなのかが大事なのではなく、それを決めている自分の心だと僕は考えています。つまり、目の前の人がいい人になるか悪い人になるかは自分の心次第だということです。目の前の人や事象に出会った時にそれをいかに少しでもプラスに転換できるか、この自分への鍛錬を日々行うことが最も大切。人のことを評価するならいい評価をしたいですよね。その方が自分が楽だし、気持ちがいいから。するとその人との関係も良くなる可能性が高まる。僕はこの考え方を師匠から学びました。これを皆さんにも知ってもらいたくて、今日はブログに書きました。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。