2017年11月18日土曜日

治療にも鮮度がある

食べ物にはその鮮度というものがあります。あるいは食べ物として一番美味しい時期というのがあります。その鮮度や時期は最も美味しく食べるために大切なことです。時期を逃せば美味しくなくなるか、食べられなくなることもあるでしょう。精神科の治療も同じです。患者さんやそのご家族が「これはほんとに困ったな」と思って、電話で診察の予約をされる時が最も治療として鮮度が高い、つまり治療に最も適切な時期です。「これをなんとかしたい!」と強く思っている患者さんやご家族のこの気持ちが最も治療に役立ち、そのモチベーションだけで半分治ると言っても過言ではありません。なので当院ではあまりにも遠い先の診察の予約はお受けしないようにお願いしています。鮮度が高い時に治療を受けていただき、治療を成功させたいからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。