2017年3月25日土曜日

2歳の息子を保育園に預ける時

僕には2歳の息子がいます。上の子たちのときは仕事の都合上ほとんどしたことがなかったのですが、今は時々僕が保育園に預けに行くことがあります。息子は保育園に着いて先生に会うと、走っては向かいますが、僕と離れたくない気持ちからか先生と僕との間を行ったり来たります。僕と手をつなごうとして自分の手を少し上げるけど、また下ろします。決して強く僕の手を握ろうとはしません。息子は自分から父親が離れていくことを知っているのでしょう。日によっては我慢ができず、抱っこをせがみ、仕方なく僕が先生に息子を渡す時には大泣きしていることもあります。その時の気持ちといったら言葉では表せません。子供を保育園に預けている世の中のお父さん、お母さんたちはみんなこんな朝を迎えている。なんと切ないんでしょうか。子どもの気持ちはもちろん大事ですが、僕はお父さんやお母さんの気持ちが切なく思えてなりません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。