2017年2月11日土曜日

みんなそれぞれ事情がある

周囲から見ると、どんなに幸せに見えても、どんなに不幸に見えても、どんなにまともに見えても、どんなに変に見えても、みんなそれぞれ事情がある。事情のない人なんていない。精神科臨床をしていると、そう感じざるを得ません。おこがましい気持ちを持ちながら、それぞれの方、ご家族の事情をお聞きして、みなさんが楽になる道を一緒に探るのが精神科医の仕事なのだと思っています。でもその事情はたとえ精神科医だと言っても、そんなに簡単に話せるわけではない。精神科を受診するだけでも難しいと考える方もおられるはずです。それぞれの事情を少しでも楽に話していただくためにはきちんとした技術が必要です。その技術を持たないことは患者さんやそのご家族にこれ以上失礼なことはありません。それだけはあってはいけないので、お話をお聴きする僕たちがその準備を常にすることが大切だと考えています。当たり前のことすぎて、みなさんに笑われてしまうかもしれませんが、ふと思ったので書いてみました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。