2017年1月14日土曜日

育児に正解なんてない

「これが正しいのかわからなくて」

多くのお父さん、お母さんからこの言葉を聴きます。育児についていろんな人たちが意見をおっしゃいますが、僕は育児に正解なんてない気がします(まあ、すべての物事において正しい、間違ってるなんてもの自体がないのかもしれませんが)

僕は今、4人の子供を育てていますが、僕がしている育児の方法は完全に僕の独断と偏見であり、これが正しいから他の人たちに絶対勧めたいなんて気持ちはこの数年でなくなりました(恥ずかしながら以前はありました)。今の仕事をしているので、育児の正解について意見を求められますが、みんなにお勧めの育児法なんて、自信を持って言える気が全くしません。なぜなら人はそれぞれ考えや環境が違うからです。僕も日々迷いながら育児をしています。なので皆さんも大いに悩んでいただいて、ママ友の意見、本、講演、グーグルでの検索もしてもらっていい。そのような機会を通して、考えて欲しいのです。自分がどんな育児をしたいのか、我が子にどうなって欲しいのか、その答えは親自身の中にあります。そんな時に人と話をすることはご自身の意見を明確にすることに役立ちます。もし僕がお手伝いできることがあるとすれば、親御さんとの対話の中からその親御さんにとって、その時の育児の最善策を一緒に探すことではないかと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。