2016年12月10日土曜日

療育は日々の生活の中にある

発達障害への療育というのは今や常識になっています。確かに療育は大切ですが、僕は療育とは日々の生活の中にあると思っています。〜療育センターで療育を受けることはいいことです。でもその時間はその子にとってはほんのわずかな時間であり、そのほかの大部分の時間にそこで学んだことを親御さんや周りの人が継続してくれないと、多くの場合、発達はそう簡単には伸びません。生活の中で療育の技術を取り入れて、実践してあげてください。そうすることで本人が伸びるだけでなく、親御さんも関わり方を知って、生活が楽になり、お互いにハッピーになれます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。