2016年8月27日土曜日

力があるから力を抜ける

20代後半で水泳を習い始めたとき、僕は全身に力が入りまくって、なかなか体を水の中で浮かすことができませんでした。しかしコーチに教えてもらい、泳ぎ続けているうちに体の力が抜けて、体を浮かすことできて、楽に泳ぐことができるようになりました。すべてのスポーツは力を抜くことが大切だと言われます。力が入って硬いままだと動きがスムーズでなくなるからです。

でもこれはスポーツだけではなく、すべての技術、いや人生もおなじではないでしょうか。技術がないとどうしていいかわからないので不要な力が入ります。人生でもどうしていいかわからないときに全身に力が入ります。上手に楽に生きているように見える人たちはどこか肩の力が抜けて見えます。そのために大切なことがあります。それは力を抜くには力(たとえば技術力、知力)が必要だということです。

メジャーリーガーの川崎宗則選手が雑誌のインタビューでこんなことを言われていました。

「ゴロを捕った後に日本では踏ん張って力を入れて投げるけど、アメリカでは踏ん張らずに力を抜いて投げても強いボールが投げられる。力を抜いたほうが強いボールが行く。力を抜くために力をつけるのです」

おそらくそういうことなのかなと思います。


2016年8月20日土曜日

とにかく耐える時期ってある

多くの人の人生を傍で少しだけ見せてもらったり、自分のことを振り返ったりすると、人生にはどうしようもないことってやっぱりあるなと感じます。どうしようもないっていうのは、人はその問題の早急な解決を望むけど、その解決にはいろんな意味で時間が必要で解決するのにその時、タイミングを待つしかないことがある気がします。その時期を耐えることはしんどいけど、その時期を耐えるしかない。しかもいい見通しなんてなにも立たないけど。そんなことに世界中の人間はみんな耐えているのかなと思うと、みんなすごいですよね、尊敬してしまいます。

2016年8月15日月曜日

子どもにはっとしてもらう

僕が高校生のころだったでしょうか。友達に傷つくことを言われて、母に愚痴っていると「男が腹を二つ持たないでどうすんの!それくらい腹に抱えて自分で我慢しなさい」と冷たい一言。普段やさしい母にその言葉を言われてすごくショックであり、でもそうだなと納得して何も言えなかったがありました。この言葉は今も僕の中に強く残っている言葉です。

親は子供がかわいいあまり何かで困っていると、こけて怪我しないようにすぐに座布団をひいてあげたくなってしまう。でも時に子供にはっとしてもらうことがすごく大切であると思っています。なぜなら我が子はいずれ一人で生きていけないといけないからです。時に突き放したように聞こえる親の言葉が子供をはっとさせ、それが生きる力を育むのだと思っています。

2016年8月6日土曜日

ありがとうございます。

3年前の今日、宋こどものこころ醫院を開業し、みなさまのおかげで3周年を迎えることができました。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

ありがとうございます。