2016年3月5日土曜日

患者さんと僕らの感覚の差を埋める作業

自分は患者さんのことをわかっているつもりになっていないか。自分のしていることを患者さんはどう感じているのか。それを追いかけない限り、精神療法やカウンセリングの質の向上はあり得ない。どんな素晴らしい勉強会もどんなに有能な先生のお言葉よりも、目の前の患者さんの言葉や反応が一番大切。これが僕の現段階での結論です。

医者は「患者さんに向き合う」とよく言いますが、実際は独りよがりになっていることが多い気がします。話を聞いている風に見えて結局のところ医者個人の意見を押し付けている、なんてのは一番多いものではないかと思います。もちろんこちらも人間なので、患者さん全員に完全に合わせるのは不可能だとしても、まずは一人一人の患者さんに向き合うことを本気でしないと本当の診療とは言えない気がします。ここでいう向き合うとは患者さんやご家族の考え、ニーズを知り、それに対して応えていく。それだけです(でもこれはそんな簡単なことではなく、実際には技術が必要です)。

僕が診療をしていて一番ストレスを感じるのは、不満げな顔をして帰っていく患者さんを見るときです。こんなことを言っていいのかわかりませんが、僕はこれが耐えられません。医者になってこの10数年の間、僕の診察室から出ていく不満げな患者さんを数多く見てきましたが、医者としては最高にしんどい瞬間です。この表情を見たくないから勉強をしていると言っても過言ではありません。むしろ、この不満げな顔をずっと見過ごせている人たちを見ると、その人の図太さ、強さを感じます。僕は弱いので、それに耐えられません。

じゃあどうしたらいいのかな。そこで診療に対する患者さんと僕らの感覚の差を埋める作業をしようと考えました。具体的には初診の患者さんすべてにアンケートをとることを始めました。初診のあとにその日の診療やカウンセリングを実際どう感じたのかを患者さんから教えてもらう。もちろん本音で。その本音を引き出すことが日本という国ではかなり難しいのが実際に始めてからの実感です。しかしそれを極限まで本音を出しやすくする工夫はこれからの課題です。それを当院のスタッフたちにフィードバックして、アンケートに答えてくれた患者さん、そして次の新しい患者さんに還元していく。これが患者さんに満足してもらうための最も重要な作業であると思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。