2016年3月30日水曜日

人は自分をいじめたがる

子供がこんな風になったのは自分のせいだ、あの時自分が友達に言った言葉のせいで関係が悪くなったんだ、自分がもっとこうしてあげていれば。こういう後悔をよくお聞きします。特に家族や友人など親しい間柄の場合にこの傾向は強いようです。

なぜ人は何か辛いことがあると、いとも簡単に自分のせいにするのかなと考えました。第三者からすれば、そこまで自分を責めなくていいのにと感じることは多い。その理由は自分を責めることが一番簡単で、親しい周囲の人を責めなくて済むからです。自分を責めるということは一種の自傷行為です。自分を傷つけることで一旦、目の前のしんどいことに蓋ができた気分になれる。この行為を続けると、心がしんどくなり、うつ病やうつ状態になるように思います。


本当の目的は悩みや問題の解決のはずです。しかし自分をいじめると、心がしんどくなるので元気がなくなり、余計に問題解決の冷静な判断はできなくなります。そんな時は自分をある程度責めたら、その判断がそれでいいのか周囲の人に相談してほしいなと思います。自分を責めている思考を自分で覆していくことは至難の技です。自分をいじめてもいいことは何もありません。自分のことを大切にしてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。