2015年12月25日金曜日

礼儀正しく敬語さえ使えれば

当院には問題を抱えた親御さんと子どもたちがたくさん来てくれます。その子どもたちの中で状態が良くなりやすい子どもたちに共通するのは礼儀正しいことです。一見、関係ないように見えますが、これは大切なことだと僕は思っています。礼儀正しく、敬語が使える子どもたちは周囲の人が助けてくれる可能性が高いのです。問題を抱えた子どもの周囲にいる人たちも人間です。不遜な態度でタメ口を使う子を助けてあげたいと思う人はそれほど多くはないでしょう。そうなると問題を抱えたその子が元気になる可能性も厳しいものになります。逆に、まずは礼儀正しく敬語さえ使えれば、何か問題があったときにも誰かが手を差し伸べてくれる可能性が高まり、それに伴って、その子が元気になる可能性も高まります。

子育ての基本は子どもが一人で社会で生きていける子にすることです。大げさではなく、子育てをちゃんとすることは将来の日本において、うつ病での自殺率を下げる一つの大きな因子であると僕は考えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。