2015年8月31日月曜日

まずはお母さんに元気になってほしい

僕が診療をしていて、一番多くお会いするのは子育て中のお母さんです。年齢的には20代から50代と幅広いですが、その中でも特に30、40代が特に多いように思います。

子供への接し方、育て方はもちろん、お母さん自身のご自身の人生を否定される方にお会いします。結婚前は学校生活や仕事を通して、ご自身の人生について考えてこられたのに、主婦としての生活が長くなり、家事や子育てをしていてやりがいは感じるものの、ふと自分の人生ってなんだろう、なぜ生まれてきたんだろうと思う。お母さんたちがそんなことを考え始めるのは僕の印象では、子供たちが少し手が離れる小学校入学後からが多いように思います。子供の小学校入学以降に仕事やパートを始めたりされることが多いのはそのためでしょう。

お母さんも一つの人格を持った人であり、一人の大切な人生を生きているわけです。女性の社会貢献の高さが昨今叫ばれてますが、子育てをしているお母さんの力がこれからの世界の未来を担っていると言っても過言ではありません。もしかしたら、こどもの健康よりも先に必要なのはお母さんの健康なのかもしれません。当院はそんなお母さんたちのお役に立てるクリニックでありたいと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。