2015年7月28日火曜日

ほんの少しのサービスでうれしくなる

先日、メガネの鼻に当たる付け根の部分が取れてしまいました。メガネをかけておられる方はご存じだと思うのですが、この部分がないと金属部分が当たって鼻は痛いし、固定が悪いからメガネがずれるしで不便極まりありません。そこで、メガネを買ったことはありませんが、近所の眼鏡屋さんに持っていきました。


僕:「あのー、ここで買ったメガネではないのですが、この部分が外れてしまって」

店員さん:「部品があるか見てみますよ」

しばらくして・・・

店員さん:「部品が変わってしまいましたが、やってみました」


うれしかったですね。僕はそのお店は初めてですし、店員さんも何気なしに、当たり前の仕事をしたという印象でした。別に次にメガネを買ってもらおうとかそんなものも一切感じさせない対応。

ほんの少しのサービスで人の気持ちってこんなにもよくなれるんだなと改めて感じました。

そして、あとでメガネをみてみると、メガネのねじの部分までしっかり止めてくれて、レンズまできれいにしてくれていたんです。

心があったかくなるこんな仕事がさらりとできたらいいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。