2015年5月16日土曜日

第三者だから言える

診察の中で僕がお子さんへの対応の提案をすると、「ああ、なるほど、先生みたいにそう言えたらいいんですね」とよく言われます。

我が子のいいところを見てあげたい、褒めてあげたいのに、子供のことを叱ってしまう。叱ったあとに自己嫌悪に陥る。これでよかったのかな、また叱ってしまった。多くの親御さんが思うことだと思います。

我が子の嫌なところが目について叱ってしまう。これは当たり前だと思うんです。「先生は子供の心理をわかっているから、先生のお子さんにはちゃんと声かけができてるんでしょう」みたいなことを言われます。正直、こどもの心理なんてわかっていません。もっと言えば、僕は神様じゃないんで、人の心理なんてわかりません。僕も自分の子供には小言をいって、「また同じことをしてんのか、何やってんねん!」と叱っています。逆に、愛する我が子にどこまでも冷静な親ってちょっとどうかと思います(笑)。

僕は子供への対応について考えて、それをお話しすることを生業にしているので、自分なりに日々考えて、トレーニングはしています。でもそれは第三者としての僕が診療の中で少し距離を置いたところから見て言えることです。僕の人格とか能力とかそんなものは何の関係もありません。誤解を恐れず言えば、プロだから。それだけです。

なので、我が子を叱ったあとに自分を責めないでほしいです。自分が冷静な判断ができていなかったという認識があるだけすごい内省の能力です。今の自分の対応でいいのかなと思ったときに第三者である医療機関や子供に関わる機関に相談されることで、また少し違った見方を感じてもらえればいいんです。そのために僕たちがいるわけですから。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。