2015年5月29日金曜日

発達障害の子のかんしゃくで、最初に確認すること

発達障害の子のかんしゃくをどうしたらいいのか。本当によく聞かれます。そのときに僕が大切にしていることは本人の不快感を取り除くことです。具体的には大きく分けて2つです。

まず1つ目は身体のケアです。自閉症を含めた発達障害の子たちによく見られる身体的な症状があります。消化器症状(下痢、嘔吐、便秘)、アレルギー(アトピー、喘息)、睡眠障害(不眠、浅眠)、感覚過敏、けいれん性疾患(てんかん、よく見ないと発作とわからないものもあります)などです。このときに注意したいのはこれらの症状は一見して軽視されることがあるということです。見た目に少しの便秘、咳、アトピーだと、長期的になると日常的には本人や家族もあまり気が付かないこともあります。さらに、本人がうまく言葉で表現できないというのも重なるのかもしれません。なので、これらの身体症状については必ず確認するようにしています(必要であれば小児科受診も)。僕は身体症状が改善することでかんしゃくやイライラが改善したケースを何度も経験しました。

2つ目は環境、特に本人への刺激を減らすことです。いわゆる五感。つまり音、光、感触、匂い、食事です。大きな音はないか、ゲームのような刺激の強いものに長く触れていないか、本人が触れているソファやベッドはどうか、食事の内容はどうか(食感、食物アレルギーなど)、気温や湿度はどうか、などです。これらを注意深く観察することで、本人の不快感の原因を見つけられることがあります。

これらを観察してから、本人の行動、周囲のかかわりなど、行動分析的な見方を始めます。それでもまだイライラやかんしゃくがある場合にはお薬(抗精神病薬、漢方薬)を出すことにしています。もちろん、薬が劇的に効くことも多いです。

発達障害のお子さんのかんしゃくで困られている場合にはこの2つをぜひ確認してみてあげてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。