2015年3月30日月曜日

その方の幸せは何なのかに気づいてもらう治療法

2週間連続で週末を休診にさせていただいて、東京で解決志向ブリーフセラピーのワークショップに4日間参加してきました。

今の世の中は原因→結果(問題)という考え方が一般的になっています。僕たちはどうしてもその原因を見つけ出して、それをなんとかすれば問題が解決するだろうという考えになります。この考え方で確かにいける場合もあります。でも僕はこれでうまくいかないことがほとんどで、自分自身でもこのやり方に辟易としている部分が正直ありました。たとえば、児童精神科で一番多い、不登校という問題。不登校の本を読んで、講習会にも参加しました。でも一向によくならない。また不登校の原因を探していましたが、1つの原因だけで不登校になったり、その状態が維持されているということはまずありません。しかも原因を挙げだすと、きりがなく、それらすべて消すことは不可能に近い。つまり原因と結果の関係はそれほど単純なものではなく、複雑であり、わからない部分もたくさんあります。

解決志向ブリーフセラピーとは患者さんが問題だと感じていることにはそれほど注目せず、その方のいいところ、すでにうまくいっているところに注目するように質問をしていき、解決に向けて考えて、ご自身でよくなれるように手助けをする治療であると理解しています。

実は僕は今まで自分ではなぜよくなったのかわからない患者さんたちがたくさんおられました。それがなぜよくなったのかわからずに、それも心の中にずっとひっかかっていました。この治療法を学んで、自分が何をしてきたからよくなったのかを知ることができました(これは僕にとっては大事件です!笑)。それは僕が治すとかそんな大それたものではなく、その方が持っている資源、成功体験を明らかにして、その中で解決に向けて何ができるのかを一緒に考え、その方向に導くための質問(これがほんとに素晴らしい)を繰り返していく治療でした。まさにこれが解決志向なんです。

4日間のワークショップを通して、一番感動したのは解決志向ブリーフセラピーはその方にとっての幸せは何なのかを気づいてもらうための治療法だということです。すでに診療の中に取り入れていますが、これからどんどん診療で使わせていただき、さらにその深さを味わっていきたいと思っています。この治療法を開発された先生方、今回のワークショップをしていただいた先生方に心から感謝いたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。