2015年3月11日水曜日

勉強する理由

医者が勉強するなんて当たり前すぎて、改めて考えるまでもないなとは思いながら、長い間なんとなく頭の中で考えてきて、僕の自分勝手な一定の結論に至ったので、書いてみたいと思います。

はじめは知識がないから、患者さんに説明するために病気やその治療法の勉強を教科書的に勉強していました。もちろん、その後にも新しい知見の吸収は必要でしょう。

でもそれがある程度まで終わっても、それ以降も勉強してるのってなぜか。それは医者として患者さんを前にしたときに、その患者さんの状態をよくできないというのはこの上なくストレスだからです。僕が思う医者として一番しんどい瞬間は患者さんを治せないとき。このストレスさえなければ、毎日面白いように患者んさんをよくして、しかもそれで喜んでもらえて、僕もご飯が食べられる。なんていい仕事なんだろ、最高ですよね。なので、僕が勉強する(当たり前すぎてすみません)理由は知的欲求というのもなくはないですが、自分が仕事中にしんどくならないため、もっと言えば自分が楽をするためです。僕はいつも、診療は息を止めて潜水するみたいだなと思うのですが、治せるとこの潜水の時間はもっと短くなって、息ができるようになる。治せないと、潜水する時間は長くなるし、次回その患者さんに会うときにまた潜水しないといけないので、会うのが辛くなる。

ブリーフセラピーの東大の森先生が本の中でこんなことを書いておられました。

治療者の中に「問題行動・症状はそれなりの機能を持っている」という人がいるが、それを逃げ口上に使っている人が多すぎる。治らない患者なんていない。治せない治療者がいるだけ。治らないことを患者のせいにするなんてもってのほかです。

素晴らしすぎませんか?頭の中が本当にすっきりします。行動療法の山上先生も「若いころは治らないことを患者のせいにしていた自分が恥ずかしい」と同じようなことをおっしゃっていました。早くばんばん治せるようになって、医者という仕事が最高だなと思いたいものです。っていうか、ずっと無理だと思いますが、診療で楽したいです(笑)。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。