2015年2月18日水曜日

もっとシンプルな文章を

ブログを書きながら僕は自分の文章を内心、なんと蛇足の多い文章なのだろうと思っています。まず説明が多すぎる。伝えたいことを完全に絞り込めていない。

これに気づいたのは自分が論文を書いた時です。指導してくださる大学院の教授から「宋の文章は言いたいことを詰めこみすぎ。人はそんなにお前の論文に興味はないよ。みんな忙しい仕事のあとに疲れてる状態で読むんだから。コーラのようにすっと飲めるような文章にしないと」

多くのことを教授から学びましたが、この言葉は本当に勉強になりました。言うまでもなく、僕が最初に書いた論文の文章からは削ぎ落とされ続け、洗練された読みやすい文章に教授にしていただきました(笑)

人の心にすっと入っていける文章。難しいこともわかりやすくシンプルに。診療と同じですが、もっと言葉を大切にして、短な文章で読者のみなさんの琴線に触れられるような、そして読みながら想像力を掻き立てられるような文章を心がけていきたいです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。