2015年2月27日金曜日

ミスをするから上達する

僕は超小柄です。体が小さくて、運動ができない。小さい頃からそれがずっと僕のコンプレックスでした。高校の体育の授業でラグビーを先生から教えてもらい、こんなにもおもしろいスポーツがあるのだと知りました。そして是非やってみたいと大学に入り、ラグビー部に入りました。でも実際は自分の弱さから4ヶ月でやめてしまいました。それでも、ラグビーへの興味は消えず、観戦だけですが、毎年冬のラグビーの季節を楽しみにしています。今、ラグビー日本代表は史上最高の世界ランキング9位まで上がり、2019年にはラグビーのW杯の日本開催が控えています。

先日のプロフェッショナルはラグビー日本代表監督のエディー・ジョーンズさん。僕は嬉々とした番組を見ました。

ラグビーの練習であえて、すべりやすくて小さなアメフトのボールを使って、選手たちにミスをさせていました。「私たちは失敗から学ぶ。人生もそう。日本の練習で一番間違っているのはミスをしないように練習していること。ノーミス、ノーミスというが、ミスするから上達するんだ」

僕も日々の診療の中でミスをしないようにと気をつけるあまり、自分自身これでいいのかなと思うことがあります。もちろん、プロなので基本的にはミスをしてはいけませんし、ミスにもいろんな種類があります。ただ、ミスを恐れるあまり、成長していないなと思うことがあります。ミスをしながらも、それをリカバーするためにもがくからこそ、成長する。ミスを恐れすぎずに、診療に向き合いたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。