2014年12月30日火曜日

時間をかけて良くなる

はじめてお会いするときはすごく状態が悪くて、すぐにでも治療が必要な患者さん。薬を投与すると、速やかによくなって、数か月後にはもう来なくなってしまう。薬は自己中断されている。そしてまた半年、1年ほどすると、同じ症状で受診される(病院なら救急車が多いですね)。精神科医なら誰もが出会う患者さんです。実際に、うつ病の患者さんに抗うつ薬を投与して、半年後には半数以上の人が内服を自己中断しているという報告があるくらいです。もちろん経済的な理由を含めて理由は様々あるとは思いますが。。。

統合失調症、うつ病、双極性障害など、いわゆる精神病で、発病すれば一生続く可能性のある慢性疾患にも関わらず、最近でてきている薬の効果がすばらしくて、速やかによくなる。そうなると、病気の実際の重さよりも、患者さんにとっては「のどもと過ぎれば」の要素が大きくなってしまう。小児科時代なら、喘息やネフローゼ症候群の方に多かった気がします。さきほど挙げた精神病はその人の人生と命(死因で多いのは自殺)にかかわる病気です。

いい薬があることは素晴らしいことのはずなのに、速やかによくなることが果たしていいことなのか、疑問に思うことがあります。

そのために精神科を含めた医療では心理教育といって、医療者が病気の説明を丁寧にして理解していただこうというのが常識です。しかしそれをどれだけ時間をかけて一生懸命しても難しい患者さんがおられます。僕も精神病の患者さんやご家族に毎週のようにお会いして、説明して、それでもだめだった経験がいくつもあります。実際、今クリニックの外来だけの診療になっても結構な確率でお会いします(僕の説明が拙いというのもあると思います)。そのとき、病気って、あまりにあっさりよくなってしまうと、そのときの辛さを忘れてしまうのかなとも考えます。

人は一つのことを深く理解したり、受け入れていくには時間が必要なようです。医者として倫理的にこんなことを思っていいのか自分自身でも葛藤がありますが、病気とはすごいスピードでよくなるよりも、じっくりと時間をかけてよくなることのほうが、最終的にはその人にとってはいいのではないか、と思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。