2014年11月27日木曜日

仕事のストレスは仕事で解消する

アフターファイブを楽しもうとよく言われます。仕事はしんどいもの。だから仕事以外の時間でストレスを解消して、明日からのしんどい仕事をまたがんばろうと。

でも果たしてそうなのでしょうか。僕も社会人になって、まだほんの10数年ですが、仕事で受けたストレスをアフターファイブで解消できたという経験はありません。もちろん、旅行や遊び、趣味の時間は大切です。明日からの活力の一部にはなるでしょう。でもそれはあくまで一部です。いくらアフターファイブで楽しんできても、職場に戻れば、そのストレスの問題はそのままです。解決しているわけがありません。

最近、僕が思うのは仕事で受けたストレスを解消するためには、仕事が楽しい、うまくいった、結果が出せた、やりがいを感じるなど、根本的に仕事でしか解消できません。ただただ、毎日「またこれかあ、いやだなあ」では何も解決しません。

ではその仕事でのストレスを解消するためにはどうすればいいのか。そのストレスの原因を解決するために考え、向き合い、そして努力する。技術を上げる、仕事の中に楽しみを見つける、クライアントに喜んでもらう、自分の得意分野や強みを見つけるなど、方法は仕事によって様々でしょう。転職するのも一つの方法かもしれません。でも結局は仕事でのストレスにしっかり向き合わない限り、仕事への不平不満を言って、人生が終わってしまう気がします。

僕の尊敬する編集者の見城徹さんは「仕事が楽しければ、人生も愉しい」と言っています。単純に仕事の時間8時間、寝る時間8時間、自由な時間8時間とすれば、仕事が楽しくない場合には人生の半分はしんどいだけの時間を過ごして、終業時間が終わるまで耐えて待つということになります。そんな人生にならないために、仕事のストレスを仕事で解消できる方法を見つけられたら幸せではないでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。