2014年4月25日金曜日

見たいテレビ番組

テレビに関する考えはいろいろあると思います。テレビを家におかないという考えから、テレビを1日中見ても飽きないという考えまで。

僕は性格上、テレビを何となく見ることが苦手です。なので、流行している話題、芸能人、歌など、ほぼ知りません。社会で流行していることよりも、今の自分が何に興味が向いているのかのほうがどうしても気になります。もちろん、娯楽番組もいいとは思いますが、僕はあまり興味を感じません。

ニュースに溺れてしまうというデメリットもありますが、自分はどんなものに興味を持つのかを知りたいこと、新しいものを常に自分に仕入れることからテレビを見ます(新聞も同様ですね)。

僕のおすすめは「カンブリア宮殿」、「プロフェッショナル」、「スイッチインタビュー」です。あと、「アスリートの魂」も、朝から自分のテンションを上げるのにはいいです。

他にガイアの夜明け、情熱大陸、ソロモン流などたくさん見てきましたが、これらは内容がマンネリ化していたり、芸能人やスポーツ選手が出すぎて、この世で懸命に生きてる人はテレビ界にしかいないのかと錯覚してしまうくらいです。特に今の情熱大陸、ソロモン流はほぼ芸能ニュースに近いです。それで最近はこれらはほとんど見ません。

カンブリア宮殿は第一線の経営者が登場して、その人の経営哲学もそうですが、何を目指して経営し、生きているのかをしめしてくれます。それは年商何千億であろうが、何百万であろうが規模に関係ありません。カンブリア宮殿に出るすごい経営者たち共通するのはお金ではない、もっと違うやりがいや興味を求めているところです。それの多くは人のためであったり、世の中を変えたいというものです。何か熱い思いがそこにはあります。

プロフェッショナルは第一線の一人の技術者というか、会社というよりもその人を追いかけてくれるので、その人個人の仕事への姿勢、生き方が見れます。

スイッチインタビューは第一線で活躍している人同士がお互いにインタビューをします。そして、自分の仕事における共通点や相違点を話題にしていきます。これはかなりレベルの高い会話をされるので、なにかいい座談会を見せてもらってるような気持ちになれます。

直近で一番印象的だったのはプロフェッショナルで、脱サラして一から自分で勉強して日本を代表するチーズ職人になった吉田全作さんでした。

「常に険しい道を選んできたからこそ、今がある。自分の思った道を実現するにはいろんな道がある。簡単な道と面倒くさい道の岐路がある。その時は必ず面倒くさい道を選ぶ。そうすると必ず成功する。なぜなら面倒くさい道は誰も選ばないから、そこに多くのヒントが転がっている。僕はそれを経験から知っている。」

しびれましたね。

これらのテレビ番組は手軽にすごい人の話を聴けるという点で、素晴らしい本を読む、素晴らしい人の話を聴くのと同じくらいの価値があると思います。みなさんもぜひ、ご覧ください!


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。