2014年4月28日月曜日

精神科における病気を受け入れてもらうこと

小児科で臨床をしているとき、先天性疾患、癌、心臓病、腎臓病、膠原病など、その人の一生を左右するような大きな病気の説明をすることがありました。その時、内心ものすごく負担でしたが、誠意をこめて丁寧に説明すれば、ほとんどの場合、納得していただけました。なぜなら、それは誰の目で見ても変わらない診察や検査の結果という事実があるからです。

ところが、精神科の臨床では統合失調症の幻覚妄想や躁状態、うつ状態、自傷行為、発達障害であったとしても、本人や家族が納得できない場合があります。特に、それが症状が初期の場合に顕著です。それは「うちの子にそんなことはない」とか、「障害じゃなくて、ちょっと生活しにくいだけです」とか、症状がまだ一定しない場合には一見症状が見えにくいときがあるため「まだ決まったわけではないですよね」などと受容が難航することがあります。でも患者さんや家族は何らかの困難や問題を抱えているため、精神科の門は叩いてくれる。そこにはもちろん大きな葛藤があります。

確かに、精神科の診断は診察してとれる所見から精神科医がするものであり、誰が見てもわかるような客観的な診察所見や検査結果がない場合があります。そうなると、患者さんや家族への説明が難しくなる。でも実際には小児科における先天性疾患、癌などと同様に、その人の一生を左右する重大な病気です。何も体の病気だけが、人の人生を左右するのではなく、精神科の病気ももちろん人生を左右します。

そこで難しいのは、こちらがあまりに熱く説明しすぎると、変に説得や押し付けみたいになってきて、患者さんの反感だけを買うことがある点です。診断や治療を受け入れてもらえず、通院や内服を拒否されたり、中断されたりする方をたくさん見てきましたが、ほとんどの場合、もう一度会うことになります。それはもちろん、医療者側も患者さん側も望んでいることではありません。

精神科における病気の説明、告知は他の科に比べてわかりにくいため、かなり慎重に、しかも丁寧にする必要があると痛感しています。その時に自分が持てるだけの知識や治療法を誠心誠意説明する。そして、たとえ受け入れてもらえなくても、何か異変があれば、「またもう一度来てもいいかな」くらいにしてお帰りいただくよう心掛けています(あくまでできるだけですが)。ここでも精神科における「治療をつなげていく」ということの大切さを改めて考えさせられます。何かあった時に来てもいいと思ってもらえるようにする。それが5年、10年後のその人の人生にとって何らかの役に立つのではないかと信じて、今日も診療をしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。