2014年1月8日水曜日

医者と患者の相性を決めているものは何か

「前の先生と相性が合わなくて」、「患者さんと相性が合わないと治療が難しい」

精神科診療の中では医者と患者の相性という言葉がよく出てきます。これっていったい何がその相性というものを決めているんだろうか。僕も自分の中で悶々としてきました。それで今の時点で気付いたことを書いてみたいと思います。

医者と患者の相性と呼ばれるのものは何が規定しているのか。

その要素はたくさんあるでしょうが突き詰めてしまえば、

「患者として自分がもっとも深刻だと思っている部分を話しているときに聴いてくれているのか」

これだと思っています。しかもこの波(タイミング)は初診の時にも来ますが、その後も再診の中でポイントとして何度かそういう波が来ます。状態が悪くなった時、不安がわいた時、疑問がわいた時などです。しかしその表現の仕方は様々です。自分が深刻であるということを騒ぎ立てるように訴える方、涙を流しながら語る方、何事もなかったかのようにしらっと話す方。騒ぎ立てる方や涙を流される方はわかりやすいので、ああ深刻なんだなとすぐにわかります。でもしらっといつもと何も変わらない表情でほんとに軽く辛いことを話される方は注意が必要だと感じています。何となくいつもと表情が違う、声の調子、態度の違いなど、これらをいかにキャッチできるか。僕自身、これをキャッチできずに、苦い思いをしたことがたくさんあります。僕は治療にはいわゆるphaseというのか、時期というのか、そういう流れがあると思っています。その目に見えないものをこちら側が注意して感じていかないと見落としてしまう。それキャッチしないと信頼関係が壊れてしまう。第六感とでもいうのでしょうか。その部分を研ぎ澄ましていきたい。

逆に言えば、そのポイントさえ外さなければ、医者と患者の関係(いわゆる相性)はまずまず良好に経過していくはずです。もっと広く言えば、人間関係のすべてにおいてもそうではないでしょうか。自分が真剣に話しているときにその友達は自分の話を受け止めてくれているのかを無意識に推し測っているはずです。その時に聴いてくれたとなれば、その人を信頼できるし、それを受け止めてくれなかったとなれば信頼できないでしょう。

ここまで読まれて、相性は患者と医者の相互の信頼関係のはずなのに、どうして患者の立場だけ?という思いを抱いた方がおられるかもしれません。僕はここまで患者さん側から見た医者という方向だけで書いてきました。では医者側から見たものは?それは医者も人間ですの患者さんに腹が立って、嫌いになることもあります。そうなると患者さんを信頼できずに関係が築けない。それもあるでしょう。しかし精神科医を仕事、生業としているものとして、決まった診察時間内であれまずは患者さんの言われることを受け止めることから始めないと治療は始まらないと思うのです。医者が患者さんに会って内心、「変な人だなあ、嫌だなあ」と思って、それを感情に任せて(患者さんに内省してもらうために治療的に感情をわざと出すこともありますが)、治療しようとしてもうまくいくわけがない。どんな人であれまずは受け止める。ここから治療や関係が始まるものだと信じています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。