2013年12月7日土曜日

僕はレントゲン検査

今日は大阪小児科学会に参加してきました。久しぶりに小児科関連の発表を聴いて、診察所見、検査などのあとに診断というごく当たり前の流れに触れました。それを聴きながら、東京で小児神経科の勉強をしているときに上司の先生方がされていた身体診察の細やかさ、洗練された技術に感嘆した時期のことを思い出しました。その上司の先生方はまず検査ではなく丁寧な診察のもとに病気の種類を絞ってから患者さんに検査を受けてもらい、診察での予測と検査結果が一致するのかを確認されていました。僕が診察してもわからないものが、上司の先生が診察すると診断が見えてくる。その姿に憧れました。

現在の精神科医療では何かの機械で検査というのは一部を除いてほぼありません。つまり診察=検査です。僕は自分自身がレントゲン検査だと考えています。いかに正確に鮮明に精度の高いレントゲン写真を撮れるのか。患者さんが診察室に入ってこられたときの姿、表情、話し方、声の調子、さらに僕がどんな声をかけるのか、どんな質問をするのか、そしてその返答をどう捉えるのか。それが僕というレントゲンができる検査です。

このレントゲンの質を上げることが僕にとって必要なことです。そのために具体的にできることは丁寧な診察、日々の研鑽、そしてうちのスタッフからの情報の収集です。いつも自分のレントゲンのレンズを磨いて、患者さんの状態をより正確に把握し、治療ができるようになりたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。