2013年12月10日火曜日

まじめに治りたいと思っている人へ

昨日、弟と仕事の話になりました。弟が「まじめに治りたいと思ってる人には自分が持ってるものをすべて使って治療してよくなってほしいと思うよな」と。僕はこのとき、なんで僕がずっと思ってきたことをこのタイミングで言ってくれるのか、いみじくも言ってくれたな、わが弟!と思いました(笑)。

僕の考えの基本はやっぱりまじめに生きてる人がちゃんと報われる世の中であってほしいということです。それは病気の治療も同じ。まじめに治りたいと思ってご自身も努力されてる人が助けを求めているなら全力で答えたい。今の辛い状態から抜け出したくて必死にもがいている人の役に立ちたい。溺れそうになっている人を水上に引き上げて一瞬でも息が吸える状態にしたい。息ができる時間を長くしたい。病気や症状が回復していくということは少しずつ息ができるようになり、その時間が少しずつ長くなって、最終的には何の気兼ねなく息を思いっきり吸えることだと思います。

治療に対して真摯に向き合って治療者と一緒に努力したいと思ってくれる方のお役に立ちたい。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。