2013年11月28日木曜日

薬を処方するということ

医者になって僕が初めて働いた場所は大学病院の小児科病棟でした。その病棟には白血病などの悪性腫瘍の子どもたちがたくさんおられました。その中で僕が初めて処方した薬は抗がん剤でした。先輩のチェックは当然受けていますが、処方箋に自分のハンコを押すとき、内心すごく緊張したことを覚えています。この薬で何かあれば、自分の責任になるんだろうな、薬の副作用が出たらどうしよう。体に変な力が入っていたことを思い出します。

特に小児科では新生児から中学生まで、体重1kgあたりで薬の量が決まります。それくらい小児科医は薬の量に敏感です。そんな経験から精神科医になってからも、薬を出すということに常にある一定の緊張感があります。実は精神科医になって大人の方に薬を処方するとき、大人であっても体重が30kgの人と100kgの人、20歳の人と90歳の人と、体重や代謝が違うのに、同じ薬を処方するときは同じ量でいいというのはおかしいのですよね。

当然ながら、医者にとって薬は一つの大きな武器です。薬なしで治療するというのはどの科においても一般的にはかなり困難でしょう。効果や副作用の説明も大切ですが、ある一定の緊張感を持って患者さんに薬を処方するという姿勢が医者にとって大切なことであると思っています。薬はもちろん体のどこかに作用するわけですし、今までに報告されていない副作用が起こる可能性もある、さらに飲むときの患者さんの体調にも影響を受ける。もちろん怖がるばかりもいけないとも思います。特に昨今、精神科の薬についてのいいことも悪いことも両極端な情報が流れているように感じます。僕としては、答えはおそらくその両極端のどちらでもないと感じています。問題は薬ではなく、その薬を処方する医者の姿勢にあると思います。

薬であればどんな薬であれ、ある一定の緊張感を持って処方していきたいと考えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。