2013年10月28日月曜日

治療は9割がタイミング

精神科の診療では人生における、その人個人ではどうしようもないことが起こってしまった患者さんに出会います。つまり、今の生活の状況や環境が変わらないと、どうしようもない。でもやはり辛いからクリニックに来られます。その間に生活スタイルの改善、睡眠や食事を整える、日中の過ごし方、仕事との付き合い方などから治療の糸口を探します。できることは限られていますが、少しずつでもいいから改善がみられたらと思い、診療します。

精神科医としてご高名な土居健郎先生は「治療の9割はタイミング」という言葉を残されています。

所詮、一人の人間である自分は人の心の治療というものに対して、状況や環境が変わろうとしている、患者さんが治ろうとしている「ここだ」というタイミングを間違えずに、治ることの邪魔をしないことが大切なのかもしれません。僕はどうしても早く良くなってほしいと焦ってしまうきらいがあります。そのタイミングが来るまで患者さんと一緒に我慢しなければいけませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。