2013年10月17日木曜日

乳児院で子どもの相談を受けてきました

休診日の昨日は大阪府内のある乳児院で子どもの相談を受けてきました。

僕は年に5-10回くらい施設、乳児院などで子どもたちの相談をお受けすることがあります。その日はゆっくり時間をかけて、一人の子について関係機関(施設スタッフ、子ども家庭センターなど)の方々から多くの情報をお聴きして、その子への対応、親御さんへの対応、今後の方針などをみんなで決めていくところに僕がお邪魔します。

多いケースとしては施設ですので、保護者からの虐待を受けた、非行、自傷行為、粗暴行為などがどうしても多くなります。どこの施設に行っても感じることですが、施設スタッフの方々は本当に一生懸命、本人に関わっておられ、僕の話にも真剣に耳を傾けていただけます。それに僕も答えたいとどうしても熱くなってしまいます。内心、僕なんかでいいのかと恐縮してしまうくらいに。。。

施設に相談を受けに行かせてもらうことでいいなと思うのは一つのケースを深く掘り下げることで僕も勉強になること、子どもたちのために頑張ってるスタッフの方の姿を見ると仲間みたいに感じて僕も力をいただけることがあります。
あっ、あえて僕の希望を言うとすれば、そこでの僕の話がどの程度お役にたっているのかをまた後ででも経過を知らせてもらえれば、すごくうれしい気はしています。次からの僕のやる気につながるので(笑)

今後もクリニック以外でも、少しずつ子どもたちのお役に立ちたいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。