2013年10月12日土曜日

日本児童青年精神医学会総会に参加してきました



毎年参加している日本児童青年精神医学会が今年は札幌であり、参加してきました。北海道全体がもうすでに完全に秋めいていました。

この学会の中で医者歴50年の先生の講演をお聴きして「医者ができることは限られている」という言葉が僕とまったく同じ意見であったことに少し自信を持てました。その先生は今は社会的な活動をされているそうです。僕も将来的には臨床だけでなく、学校や福祉との連携、さらには社会的な活動をしていくことで子どもたちの心の健康に貢献できたらと強く思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。