2013年9月19日木曜日

伊那食品工業株式会社に見学に行ってきました


昨日は長野県にある伊那食品工業株式会社に経営のお話を聴きに行ってきました。この会社は寒天の会社です。なぜ寒天の会社に経営のお話を聴き入ったのかというと、1年くらい前のカンブリア宮殿でこの会社の塚越寛さんが経営のお話をされていたんです。それに感動して、ご著書を読ませていただき、実際のお話を聴きたいと思い、看護師の塩田と二人で日帰りで長野県伊那市に行ってきました。

そこで聴けたお話は

・最も大切なのはファンづくり。信頼できる商品を提供して、ファンを作る
・どういう会社にしたいのかの企業理念が大切
・ブームや急成長は敵。それらには流されない
・ゆっくり遠くを見て成長していく
・価格競争はせず、適正価格で商品を売る
・無理な成長はしない
・どうしたらお客さんに喜んでもらえるのかという姿勢を常に持つ
・どんどん良いものを取り入れていく
・社員の幸せが大切

カンブリア宮殿に出られる経営者の方々の共通点で「利益だけを追求しない」というのはあるのですが、そこにさらにファンづくりをする、ブームに流されない、社員を本当に大事にする、価格競争はしないというのはかなり印象的でした。村上龍さんが「今までで一番すごいかもしれない」というのは本当だなと思いました。

宋こどものこころ醫院もスタッフを大切にしながら、ゆっくり成長していけたらと思います。

それにしても9月の信州は森林がきれいで風が気持ちよくて最高でした!


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。