2013年8月30日金曜日

リストカット

リストカット

これは代表的な自傷行為です。精神科外来、特に思春期外来をしていく中で自傷行為は避けられない問題です。これまで自傷行為については著名な先生方の講演、論文、著書を読みながら、実際に患者さんの治療にもあたってきました。ちなみに自傷行為にはリストカット以外にも、自分の体を刃物で突き刺す、薬の大量服薬、根性焼き(自分の体にたばこやライターで火傷させる)、拒食、過食、低層階からの飛び降りなど、方法は多様です。原因ももちろん多様ですが、僕の印象では「自分のことを大切にできにくい状況にいる子どもたち」が自傷行為をしやすいのではないかと感じています。たとえば、褒められた経験が少ない、知的な問題や発達障害などから周囲に比べてうまくできないことが多いと感じる、安心感の少ない環境、虐待などです。つまり「自分はだめな子なんだ」と思ってしまうわけです。

一般的に自傷行為というと即、自殺願望とつながるようなイメージではないでしょうか?
これは間違っていないですし、将来的に自傷行為が自殺の可能性を高めることは分かっています。でも自傷行為、即、自殺願望ではないことが多いのです。

自傷行為は自分そのものを殺したいわけではなく、だめな自分を殺したい(消したい)。たとえば、お母さんにいつも怒られる自分、悪いことをした自分、だめな自分などの自己像(自分のイメージ)を殺そうとしているように思います。僕の決して多くはない経験の中でも、自傷行為をしている子たちは診察の中で「本当は死にたくない」と言うことが多い気がします。今の自分では生きづらいから、嫌な自分を消して、リセットしたい。つまり「生きたい」からリストカットするわけです。

ではなぜ子どもたちはリストカットを含めた自傷行為をするのでしょうか?
痛いだけなら1回でやめてしまいそうですよね。実はリストカットをすることには効果があるといわれています。1つは実際に体内麻薬が出て、いい気分になれること(実際に実験されています)。もう一つは何か強い苦痛が感じられると、だめな自分の姿が否定することで消せること。

あと一つ。
「アピールだろ」みたいに言う方もおられますが、僕の経験上、アピールでリストカットする子はかなり少ないです。決して「アピールだ」みたいなことは言わないでください。また仮にアピールだったとしても、その子が辛い状況にあることは間違いないと思います。健康な子が興味本位でするリストカットは痛いから1回で終わります。つまり自傷行為を続ける人は何らかの辛いものを抱えている可能性が高いのです。

正直、すぐにリストカットをやめさせることは難しいことがほとんどですが、対処法として大切なことは子どもがリストカットしたのを発見したときに叱責しないことです。このときに叱責すると自分はダメな子だからリストカットしてちゃんと生きていこうと思ってるのに、そこまでも否定されるのかとさらに状態は悪くなります。紙幅の関係もあるのでまとめますね。

リストカットをしているのを発見したら
①傷の手当をする(家庭、あるいは病院で)
②子どもの話を聴く(説得や叱責はせず。話さないこともあります。)
③心療内科や精神科を受診すること

僕はリストカットをする子どもたちに出会ったときはここに書いたようなことを考えながら治療しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。