2013年7月31日水曜日

子どもをほめるということ

いろんな育児書に「子どもはできるだけほめましょう」という言葉が乱発されているように感じます。児童精神科外来の中でも「教えられたとおり、幼いころからいっぱいほめてきたのですが、子どもは言うことをききません」というお母さんの言葉をよく耳にします。

一般的に「子どもをほめる」ということに反論のある方は少ないのではないでしょうか。

ただ大切なのはいつ、どのタイミングでほめるのかということです。結論から言うと、本人の様子をちゃんと観察せずにほめると、その「ほめる」という効果は落ちるということです。

「ほめる」ということの本質的な目的は何でしょうか?
それは子どものできるところを伸ばすこと、または不適切な行動を減らすことでしょう。つまり多くの場合、何らかの効果を狙ってほめるわけです。

たとえば、トイレットトレーニング中に初めてトイレでおしっこができたときにお母さんは「よくできたねー!」と頭をなでながら思いっきりほめます。これはいいことです。でも1年後にトイレでおしっこができたことで子どもをほめたりはしませんよね。その時にそれは当たり前になっているわけです。つまり普段の本人の様子をよく観察し、がんばってるなあ、しっかりできたなあというタイミングでほめてあげなければいけないわけです。何でもかんでもほめればいいというものではありません。

効果的に子どもをほめるというのは実はそれほど簡単なことではありません。その時の本人の様子、がんばり、落ち込みなど、詳細に本人の様子を親として観察した上でようやく「よくがんばったね」という一言が出てくるわけです。場合によっては、ほめたい気持ちをその時はぐっとこらえて、知らないふりをしておいて、あとで結果がしっかり出たときに2倍にしてほめてあげることがいいのかもしれません。さらに言えば、どんな言葉が子どもたちの琴線に触れるのかを考えてほめる言葉をその時々で変えてあげる必要もあるでしょう。

ご家庭によって幅はあると思いますが、ほめる頻度は親として「少し少ないかな」くらいにしておくと、一回のほめる効果が高まる気がします。

本人の様子をよく観察して効果的にほめてあげてくださいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。